臨床薬理研究振興財団

A2ポスターポスターPDF ダウンロード

連絡先

事務局

九州大学大学院
薬学研究院薬物動態学分野
〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
TEL: 092-642-6658
FAX: 092-642-6660
E-mail: tdm35@phar.kyushu-u.ac.jp

運営準備室

株式会社
JTBコミュニケーションデザイン
〒810-0072
福岡市中央区長浜1-1-35
新KBCビル4F
TEL: 092-751-3244
FAX: 092-751-3250
E-mail: tdm35@kys.jtb.jp

プログラム

会長講演5月26日(土)14:40-15:10

第2会場(中ホール1・2)


座 長: 栄田 敏之 (京都薬科大学薬物動態学分野)

TDMの精度向上と維持、発展

家入 一郎 (九州大学大学院薬学研究院)

理事長講演 5月26日(土)15:15-15:45

第2会場(中ホール1・2)


座 長: 家入 一郎 (九州大学大学院薬学研究院)

日本TDM学会が果たすべき役割について

栄田 敏之 (京都薬科大学薬物動態学分野)

Plenary Lecture 5月26日(土)9:00-10:00

第2会場(中ホール1・2)


Chair: Satohiro Masuda (Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital)

座 長: 増田 智先 (九州大学医学部附属病院薬剤部)

The Importance of TDM in the care of older patients

Andrew J McLachlan (Faculty of Pharmacy, The University of Sydney)

教育講演5月27日(日)14:00-16:00

第4会場(同窓会館小講堂)


臓器別トランスポーター 知見の最前線

座 長: 玉井 郁巳 (金沢大学医薬保健研究域薬学系)

家入 一郎 (九州大学大学院薬学研究院)

薬物吸収とトランスポーター
玉井 郁巳(金沢大学医薬保健研究域薬学系)
体内分布と細胞膜輸送
寺崎 哲也(東北大学大学院薬学研究科)
肝・腎排泄におけるトランスポーターの役割
楠原 洋之(東京大学大学院薬学系研究科)

シンポジウム15月26日(土)10:10-12:10

第1会場(大ホール)


小児の薬物療法とTDM 感染症領域の実践から

座 長: 石川 洋一 (国立研究開発法人国立成育医療研究センター薬剤部)

松本 宜明 (日本大学薬学部)

小児期感染症診療におけるTDMの重要性について
庄司 健介(国立成育医療研究センター)
小児における抗菌薬のTDM
諏訪 淳一(東京都立小児総合医療センター薬剤科)
小児抗真菌薬TDMの実際
浜田 幸宏(東京女子医科大学病院薬剤部)
小児における抗ウイルス薬のTDM
齊藤 順平(国立成育医療研究センター薬剤部)

シンポジウム25月26日(土)10:10-12:10

第2会場(中ホール1・2)


血液浄化法と薬物の除去について徹底討論する

座 長: 平田 純生 (熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター臨床薬理学分野)

竹内 裕紀 (東京薬科大学薬学部医療実務薬学教室)

血液浄化法における薬物除去特性~Overview~
平田 純生(熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター臨床薬理学分野)
間歇的血液浄化法における薬物除去を考慮した投与設計
古久保 拓(医療法人仁真会白鷺病院薬剤科)
CHDF、CAPDの血液浄化クリアランスに基づく投与設計
山本 武人(東京大学大学院薬学系研究科医療薬学教育センター)
on Line HDFによる薬物除去を考慮した投与設計
横山 雄太(慶應義塾大学 薬学部医療薬学部門)
薬物の血液透析による除去率は予測できるのか?
浦田 元樹(社会医療法人寿楽会大野記念病院薬剤部)

シンポジウム35月26日(土)15:50-17:50

第1会場(大ホール)


抗てんかん薬TDM標準化ガイドライン2017の概要

座 長: 千堂 年昭 (岡山大学病院 薬剤部)

今村 知世 (慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)

フェニトイン、バルプロ酸ナトリウム
河崎 陽一(岡山大学病院薬剤部)
抗てんかん薬TDM標準化ガイドライン第2版におけるフェノバルビタールとトピラマート
林 雅彦(鈴鹿医療科学大学薬学部薬学科)
カルバマゼピン、ガバペンチン
今村 知世(慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)
ゾニサミドとラモトリギンのTDM
末丸 克矢(就実大学薬学部)
ベンゾジアゼピン系薬剤,レベチラセタム
矢野 育子(神戸大学医学部附属病院 薬剤部)

シンポジウム45月27日(日)9:00-11:00

第1会場(大ホール)


分子標的抗がん剤のTDM診療報酬拡大を目指して

座 長: 三浦 昌朋 (秋田大学医学部附属病院薬剤部)

本間 真人 (筑波大学医学医療系 臨床薬剤学)

診療報酬対象薬剤の拡大に向けての経緯と測定方法
三浦 昌朋(秋田大学医学部附属病院薬剤部)
腎がん治療薬スニチニブ・パゾパニブのTDMを活用した個別化投与設計の確立に向けて
野田 哲史(滋賀医科大学医学部附属病院 薬剤部)
血液がん領域:ニロチニブ・ダサチニブ・ポナチニブのTDM
安 武夫(東京大学医科学研究所附属病院)
肺癌領域におけるがんチロシンキナーゼ阻害薬のTDM
大神 正宏(茨城県立中央病院)

シンポジウム55月27日(日)9:00-11:00

第3会場(中ホール3)


TDMを発展させるpharmacogeneticsの最前線

座 長: 斎藤 嘉朗 (国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部)

新岡 丈典 (弘前大学医学部附属病院薬剤部)

日本人の薬物代謝・動態で考慮すべき遺伝子多型と海外動向(イントロダクション)
斎藤 嘉朗(国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部)
薬物血中濃度測定に加え薬物動態関連遺伝子多型解析を行う意味はあるのか?
新岡 丈典(弘前大学医学部附属病院薬剤部)
ファーマコゲノミクス検査の臨床実装
寺田 智祐(滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部)
エピジェネティックな遺伝子発現制御機構と薬物体内動態
家入 一郎(九州大学大学院薬学研究院薬物動態学分野)

シンポジウム65月27日(日)14:00-16:00

第1会場(大ホール)


免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン:version 2の報告

座 長: 谷川原 祐介 (慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)

増田 智先 (九州大学医学部附属病院薬剤部)

カルシニューリン阻害薬:肺移植
河崎 陽一(岡山大学医学部附属病院薬剤部)
カルシニューリン阻害薬: 肝臓移植
山本 由貴(京都大学医学部附属病院薬剤部)
心臓移植における免疫抑制薬の使い方
布田 伸一(東京女子医科大学大学院重症心不全制御学分野)
腎移植のカルシニューリン阻害薬・エベロリムス
佐藤 滋(秋田大学医学部附属病院腎疾患先端医療センター)
免疫抑制薬の測定法:多様性を理解するために
増田 智先(九州大学医学部附属病院薬剤部)

TDM学会若手の会主催シンポジウム5月26日(土)15:50-17:50

第2会場(中ホール1・2)


TDMの可能性を拡げよう! -臨床業務と研究活動への展開-

座 長: 鈴木 陽介 (大分大学医学部附属病院)

曽田 翠 (岐阜薬科大学)

若手研究者の会発足の経緯とこれまでの活動
加藤 隆児(大阪薬科大学)
実臨床におけるTDMの現状と展望
赤嶺 由美子(秋田大学医学部附属病院)
TDMに活かせる薬物動態の考え方
曽田 翠(岐阜薬科大学)
チーム医療におけるTDMの現状と展望 -感染制御領域を例に-
鈴木 陽介(大分大学医学部附属病院)
TDMに関する臨床研究
見野 靖晃(浜松医科大学医学部附属病院)

ハンズオンセミナー1:初級編 5月26日(土)14:40-17:20

第3会場(中ホール3)


TDMの教科書的な知識を臨床スキルへシフトチェンジ

オーガナイザー: 三浦 崇則 (安城更生病院 教育研修臨床研究支援センター)

講 師: 万塩 裕之 (安城更生病院薬剤部)

穂積 廣 (名古屋共立病院薬剤部)

和泉 邦彦 (新潟大学医学部災害医療教育センター)

三浦 崇則 (安城更生病院教育研修臨床研究支援センター)

ハンズオンセミナー2:基礎編
ハンズオンセミナー3:応用編 5月26日(土)15:00-18:00

第5会場(臨床薬学教育センター)


座 長: 笠井 英史 (サターラ合同会社)

講 師: 岡田 章 (武蔵野大学薬学部)

深江 真登 (第一三共株式会社)

木下 怜子 (イーピーエス株式会社)

向田 有岐 (バイエル薬品株式会社)

ランチョンセミナー15月26日(土)12:20-13:20

第1会場(大ホール)


座 長: 武田 泰生 (鹿児島大学病院薬剤部)

がん疼痛緩和医療におけるオピオイド鎮痛薬を使いこなそう!
-薬物動態学的視点からのアプローチ-

平山 武司 (北里大学病院薬剤部)

共 催: 第一三共株式会社

ランチョンセミナー25月26日(土)12:20-13:20

第2会場(中ホール1・2)


座 長: 谷川原 祐介 (慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)

免疫抑制薬TDMの品質管理

増田 智先 (九州大学病院薬剤部)

共 催: ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

ランチョンセミナー35月26日(土)12:20-13:20

第3会場(中ホール3)


座 長: 伊東 弘樹 (大分大学附属病院 薬剤部)

免疫抑制剤のルーチン分析を目指した全自動前処理LC-MS/MSシステム

嶋田 努 (金沢大学附属病院薬剤部)

共 催: 株式会社島津製作所

ランチョンセミナー45月27日(日)12:30-13:30

第1会場(大ホール)


学会企画

教育講演理解の導入のための薬物代謝酵素、薬物トランスポーターが関与する薬物相互作用
 1. 臓器別相互作用 腎臓・肝臓・小腸
 2. 薬物相互作用が生じるヒトと生じないヒト

家入 一郎 (九州大学大学院薬学研究院薬物動態学分野)

ランチョンセミナー55月27日(日)12:30-13:30

第2会場(中ホール1・2)


座 長: 齋藤 秀之 (熊本大学医学部付属病院 薬剤部)

TDMを活かしたテイコプラニンの適正使用支援

村木 優一 (京都薬科大学 臨床薬剤疫学分野)

共 催: 東和薬品株式会社

ランチョンセミナー65月27日(日)12:30-13:30

第3会場(中ホール3)


座 長: 渡邊 裕之 (九州大学病院 薬剤部)

非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害療法の役割
~副作用マネジメントによる治療戦略とチーム医療~

菅原 俊一 (仙台厚生病院 呼吸器内科)

共 催: MSD株式会社・大鵬薬品工業株式会社

共催セミナー5月27日(日)11:10-12:10

第2会場(中ホール1・2)


座 長: 谷川原 祐介 (慶應義塾大学医学部 臨床薬剤学)

臓器移植後のTDMにおける遺伝子情報の有用性

増田 智先 (九州大学病院 薬剤部)

共 催: ノバルティスファーマ株式会社